既存照明よりどれくらい安くなる?

LEDの魅力の一つは、電気料金が下げられるというものです。では、実際にはどれくらい下がるのでしょう。一般に、蛍光灯タイプでは約半分、電球タイプならば1/10まで電気料金が下がるとされています。
また、LEDのチップが日進月歩で開発されているために、本体の価格自体が安くなることも見込まれています。
気をつけなくてはならないのが、家庭でオフィスで工場で、使用されている照明への電力は全体の20%前後とされています。電気料金が半額になるというイメージは持たないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です