LEDの発光原理とは

“LEDは、「Light Emitting Diode」の略で、実はいちダイオードに過ぎません。では、どのように発光しているのでしょうか? 
 電気的に陽性である半導体と陰性である半導体をそれぞれ「Positive」「Negative」より、 「P」「N」と呼びます。
 これらの半導体を接合して、順電圧をかけると電子が移動します。
 その際に発光現象が起こるのです。
 この半導体をチップ状にして組み合わせたものが皆さんが目にするLEDライトの光になっています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です