wpmaster のすべての投稿

Wセンサー内蔵電球 よくある質問

ページはWセンサー内蔵電球あるご質問を紹介しております。パッケージの説明と重複する点もありますがお問い合わせ前によくご確認ください。

 
【 よくあるお問い合わせ 】
Q 本当に省エネですか? 
A 一番の省エネは、LED電球を手動でこまめにきちんとONOFFすることです。センサーライトの利点は消し忘れの防止、利便性にあります。
 
Q センサーの反応が悪いようです。 
A 本製品搭載の赤外線センサーは人や熱源による「温度の変化」を感知します。
「人が来た」「いなくなった」を感知するのは得意ですが、「じっと同じ場所にいる」状態を感知するのは苦手です。
また横切る動きに反応しやすく、センサーに向かって近づく動きは感知しにくい特性があります。
市販のセンサーライトは多少の感度の違いはありますがほぼ同じ仕様です。なお、「人がいるかどうか」「どこにいるか」を感知するセンサーは大変高価なので現時点では上位機種エアコンのような高額製品にしか搭載されていません。
ご理解いただけない方はセンサーライトを使用されないことを強く推奨します。
 
Q センサーの感度は調整出来ますか?
A 本製品はセンサーの感度を変更することはできない仕様になっております。
赤外線センサーは熱の変化を捕らえるセンサーです。
一般論ですが例えば冬場の室内温度10度の環境では表面温度30度の人間が来たことをを感知しやすいです。逆に夏場は室内温度と人間の温度の差が少なく感知しにくい傾向があります。
手を振っても反応するか?ネコに反応するか?犬はどうか?風が吹いたらどうか?色んな質問が来ますが熱の変化があるかという基本に立ってお考えください。
「センサーの感度が悪くなった」というクレームをされる方がおりますが理由は同じです。センサーの特性を正しくご理解頂いてご利用ください。
 
Q 待機電力がもったいない 
A 例えば夜中や昼間、器具自体のスイッチをオフにすれば待機電力は生じません
 
Q 人が来ても反応しません。 
A 器具の電源が入っているか確認してください。また明るい場所では反応しません。
 
Q 手をかざすくらい近づかないと点灯しません。 
A 明るい場所では点灯しません。手をかざして暗くなったので点灯したと考えられます。    
 
Q 昼間でも人が来たら点灯してほしい。 
A 本製品は節エネのためにあえて照度センサーを搭載しておりますので明るい場所では点灯しません。照度センサーを搭載しない製品は他社から販売されておりますし、部品が少ないためより安価にお求めいただけると思います。   
 
Q 点いたり消えたりを繰り返すとかえって電気代が高いのではないですか。 
A 蛍光灯は起動時に大きな電力を消費するためその通りですが、LEDには当てはまりません。    
 
Q 4万時間使えますか。 
A 4万時間は設計寿命であり、製品の寿命を保証するものではありません。
 
Q トイレでは使用中に消えてしまいます。点灯時間を変更できませんか。 
A 変更できません。動きを感知すれば点灯継続します。気になる方はセンサーライトの使用をお控えください。     
 
Q 普通の白熱電球では何Wくらいですか 
A 従来型白熱電球のワット数表示ですと30Wないし40Wに相当する明るさです(昼白色430ルーメン、電球色390ルーメン)。 
 
Q 2台ならべて使用すると1つが点灯しない。
A 本製品は照度センサーを搭載しておりますので明るい場所では点灯しません。当然2つならべて使用することができません。   
 
Q 保証はありますか。
A 電球はその性質上、消耗品ですので初期不良(通常、お求めより1か月)を除き保証はありません。                                                                                                                                                                                                                                   
 
Q 演色性の数値はいくらですか 
A 演色性Raは80の高演色タイプです。JISの照明基準総則では住宅用の照明は80以上にすることが推奨されております。
レストランや衣料品店などでは90以上の高い演色性が求められますので向きません。もっとも本品は特性上、一時的な照明ですので演色性は重要な要素ではありません。

ブログキーワード

屋外
室内用
電池交換
ディズニー
明るい
玄関
100均
用充電池
自作
amazon
明るさ
アンティーク
アマゾン
アレンジ
アウトドア
アイリスオーヤマ
ikea
イルミネーション
インテリア
イケア
ic
色が変わる
イエロー
イオン
埋め込み
雨の日
うさぎ
ウッドデッキ
埋め込み式
埋込
売れ筋
売り場
イト 埋め込み
エネループ
延長コード
エクステリア
earth
選び方
eneloop
おすすめ
おしゃれ
置き型
屋外 人感センサー
屋外 明るさ
屋外 led
屋内
屋外 アンティーク
オススメ
改造
看板
回路
かわいい
価格
カインズ
カーポート
間接照明
階段
改造 明るく
キーホルダー
強力
キャンドル
北側
キャンプ
キューブ
キャラクター
キャンドゥ
北向き
曇り
暗い
クリップ式
クリスマス
口コミ
クリップ
クリスマス 屋外
ケーヨーd2
蛍光灯 充電
携帯
蛍光灯
ケーヨーデイツー
携帯用
ーライト
ーラーライト
コストコ
コメリ
コーナン
小型
コンクリート
構造
コンセント
故障
工作
小鳥
災害
殺虫
最強
サンタ
最安値
サンタクロース
ーラーライト 最安値
室外
仕組み
修理
室内で使う
シルエットストーリー
シンデレラ
室内 ランタン
スタンド
スポット
スタンド レンガ
スポットライト
スヌーピー
スイッチ
ステンドグラス
スポット 電球色
すぐ消える
スノーマン
センサー
セリア
セパレート
センサー led
センサー付
設置
節電
節約
西友
設置場所
ソララ
外構
倉庫
ディズニー 送料無料
タカショー
タイマー
卓上
耐久性
耐用年数
タイル
高い
単価
太陽電池
単三
チューリップ
駐車場
駐車場 埋め込み
長時間点灯
長時間
直射日光
提灯
蓄電池
チェーン
つかない
吊り下げ
つかなくなった
作り方
使い方
通販
ツリー
つらら
吊るす
通販 ガーデニング
ティンカーベル
点灯時間
手作り
点滅
庭園灯
点灯しない
天使
適合
庭園
取り付け
投光器
東芝
盗難
陶器
灯篭
とは
トナカイ
東急ハンズ
長持ち
ナチュラル
ナフコ
名入れ
庭 明るい
ニトリ
庭 おしゃれ
人気
日本製
庭 口コミ
庭用
ニッケル水素電池
庭 寿命
ネコ
値段
猫よけ
ねずみ
ノベルティ
ハイパワー
ハンギング
ハロウィン
配線
販売店
販売
発電量
ハイタイプ
日陰
百均
日当たり
光らない
評判
人感センサー
比較
表札
人感
光量
フェリシモ
フェンス
フリスビーレイ
フラワー
フォレスト
フロストボール
ふくろう
普通の電池
フレックス3
部屋
ホームセンター
ホーマック
北欧
星型
マグネット
マリブ
マリンライト
ベランダ マンション
ミッキー
ミニ
耳かきセット
ミュージック
ミッキーマウス
御影石
虫除け
ムサシ
無印
ムーミン
無印良品
虫除けブリッツライト
メーカー
メリット
物置
モアイ玉ライト
門柱
門灯
モアイ
森の仲間たち
持ち運び
モダン
森のあかり
屋外用
安い
ヤフオク
ヤフー
屋外 安い
ディズニー 安い
ラーライト
ライト
雪だるま
誘導灯
ゆらぎ
輸入
ヨドバシ
用途
ヨドバシカメラ
電池 容量
ランタン
楽天
ランキング
ラジオ
ライテックス
楽天市場
リメイク
リモコン
リス
リチウム
利点
ルナ
ルクス
レインボー
レンガ
レビュー
レンタル
レトロ
連続点灯
ろうそく
廊下
ローズ
和風
ガーデン
ガラスボール
ガーデン 明るい
ガレージ
外灯
ガーデン おしゃれ
ガーデンライト
業務用
グルメキャット
グッデイ
激安
原理
現場
ガーデン 激安
屋外 激安
ソーラーライト
ソーラーライト 2個セット
ーデンライト ソーラーライト
自転車
充電
寿命
充電池
自動点灯
充電池 交換
充電できない
ダイソー
暖色
ダイキ
diy
電池
電球色
電池交換 エネループ
電池 寿命
電池 エネループ
電池不要
ディノス
電源
動物
読書
バッテリー
バルコニー
バッテリー寿命
薔薇
バッテリー交換
ビバ
分解
ブログ
分離型
ブロック
部品
ブラケット
ライト 分解
ベランダ
ベルメゾン
ベランダ用
防水
防犯
防犯灯
防災
防雨
ボール
ボトル
帽子
ボラード
パナソニック
パルス式とは
パネル分離
panasonic
パティオ
パネル
パルス式
パワー
パナソニック 価格
プーさん
プランター
ポスト
ポール
ポーチ
ポンプ
屋外 ポール
改造 ポンプ
cds
d2
英語
延長
led
led ガーデン
led 街灯
led 改造
led 明るい
lux
led 交換
led 自作
lixil
led キーホルダー
スポットライト 3個セット

室内光でも充電するか

ソーラーのライトについて良くあ質問は「部屋の明かりで充電しますか?」というものです。おそらく、ソーラー電卓と同じ感覚なのでしょう。

残念ながら室内光では照明器具として実用レベルの発電量は得られません。室内の太陽光発電システムは存在しませんのでわかりそうなものです。

しかしながら、なんとソーラー製品の中には「室内光でも充電します!」と謳っているものが散見されます。

驚くべき販売者の無知です。確かにごくわずかとはいえ発電しますので、充電していると言えなくはありません。

しかし、いくら明るい室内光であっても、直射日光の光量とはレベルが違いすぎます。充電します!と力強く言っていいものでしょうか?

太陽エネルギーがいかに莫大か、ということの裏返しであり、太陽の恵みに感謝したいものです。

LED商品のルーメン(lm)とは

ルーメン(lm)とは明るさの単位の一つです。そもそもは「昼光色」を意味するラテン語に由来します。とある照明器具が発する明るさの総量で、全光束の数値を言います。全光束のイメージが湧きずらいですが、スポットライト状、棒状の光線が何本も集まっているような感覚で捉える光の表し方です。
LEDが指向性の高い光を出すために、従来のルクス(lx)からルーメンを多く使います。相互にある程度の互換性があるのも特徴です。

対して、ルクスはある場所の明るさを指します。同じランプから発する光でも。ライトからの距離が1センチ、10センチ、100センチなのかで明るさはまるで異なります。そのため、照明器具自体の性能を比較することができません。

何時間点灯するの?

各商品によって異なります。点灯時間はバッテリの大きさとランプの消費電力で決まります。点灯時間を長くするには、バッテリを大きくする(ソーラーパネルも大きくする必要があります)ことが必要ですが、大きくなると取り扱いや設置に不都合が出てきます。消費電力をが小さくするため、ライトを暗くするのもひとつの方法ですが、用途によってはそれが出来ないこともあります。いろんな用途・設置場所を考えて各製品は設計されています。

おおよそ、晴天1日の充電で3-4日程度の点灯が可能なものが多いです。

バッテリは使用期限がある?

バッテリは充電放電を繰り返すことで、その性能を維持することができます。使わない間、徐々に放電し、そのまま放置するとバッテリとして機能しなくなります。バッテリの種類や容量にもよりますが、1年も使っていないバッテリは再起不能な可能性があります。震災後、手回しで発電する懐中電灯が広く出回りました。1個は皆様のご自宅のどこかに眠っているのでは?久しぶりに使ってみて下さい。全く点かないか、著しく点灯時間が短くなってしまっている可能性が大です。万一の時しか使わないのに商品なのに、万一の時には使えない危険なアイテムと言えましょう。その点、ソーラー式懐中電灯なら、日当りの良い場所においておくだけで勝手に充電しますよ。

ソーラー発電を効率的に利用するには

現在のソーラーパネルの発電効率は高いものでも大凡20%前後です。この後の進展次第ですが、売電などを目的とした場合、ソーラー発電を効率的に利用するにはメガソーラーのような大規模施設が最適だと言えます。小さなモジュールを別々の制御系で運用するより、一気に発電所的に使ったほうがエネルギーが分散しないからです。
日本の例ですと、栃木県では積極的に農地用・工業用の大規模ソーラーパネルを敷いているので、比較的効率が良いと言えるでしょう。同県は、助成金も度々出しています。
個人宅で考えるのならば、天候や曇り具合を確認しましょう。事実、ソーラーパネルの実験は、オーストラリアや中国からモンゴルにかけてのゴビ砂漠付近など、乾燥しているエリアで行われます。湿度が高い日本ですと、慎重に天候・湿度を確認してから設置するのが好ましいと言えます。向きや角度によっても発電効率は大きく異なります。

ソーラー発電の発電効率

ソーラー発電では売電ができるので、その発電効率が気になります。東芝とシャープ、そしてPanasonicと京セラが日々凌ぎを削り合い、ひと昔は不可能だろうと言われていた発電効率20%を達成しました。
さて、20%とは何に対する割合かというと、照射された太陽光エネルギーの内の電気に変えられたエネルギー分を指します。
セル発電効率とモジュール発電効率という表現がありますが、手帳サイズの板がセル(各社によって差異あり)、それをパネル状にしたものがモジュールで、それぞれでの発電効率を指します。

ソーラー発電の仕組みとは? 

ソーラー発電では売電ができるので、その発電効率が気になります。東芝とシャープ、そしてPanasonicと京セラが日々凌ぎを削り合い、ひと昔は不可能だろうと言われていた発電効率20%を達成しました。
さて、20%とは何に対する割合かというと、照射された太陽光エネルギーの内の電気に変えられたエネルギー分を指します。
セル発電効率とモジュール発電効率という表現がありますが、手帳サイズの板がセル(各社によって差異あり)、それをパネル状にしたものがモジュールで、それぞれでの発電効率を指します。