インターネット業界の詐欺連中 -俺をだました奴ら-

まさに魑魅魍魎跋扈するという言葉がぴったんこのインターネットビジネス業界。

ハナからむさぼるつもりの連中もおりますし、まっとうなビジネスの外見をした連中もおります。

大手だから安心?まったくとんでもない話です。上場会社をまとった詐欺会社だってたくさんあります。大問題なのは当人は詐欺と思ってないということでありましてさらにタチが悪いのです。

善意(ここでは悪いとはちっとも思っていない、の意)の極悪人にご注意ください。

 

GMOインターネット

ネット広告最大手かつ最低のクソ会社である。グループでなんでもやってるので、結果として、

ある子会社は「広告なんて効果薄いからSEO対策しましょう!」

別の子会社では「手間のかかるSEOより広告がおススメ!」

とやらかすマッチポンプが得意。カモ顧客から往復ビンタで巻き上げるのが本領。

得意技:無駄クリックで広告費を無駄遣いさせておいて、広告は無駄が多いからSEOやりましょう!と提案する。「一部上場」を旗印にカモを集めるネット広告界における詐欺の親玉、悪の権化である。

俺が引っ掛かったのはGMOソリューションパートナー。外部SEOが効果的、検索1ページ目に出るまで被リンクサイトを作ることを保証します!と言ってたくせに、結局、1ページ目はおろか100位に入ったことすらない。被害総額65万円。いつのまにやら被リンク作戦は逆効果ということになり、すべてをうやむやに闇へ葬りやがった。

東証1部上場会社から営業電話をもらって舞い上がった俺の落ち度ですが。外部SEOは効果が無くなったとわかっていても契約ですから、と中小企業からカネを巻き上げる。

こんな会社、まともな神経してるやつは辞めるはずなので社員はバカとクソだらけと断定しておく。

 

おまかせWEB広告:持続化補助金の対象だ!とうるさいが、まあ補助金を見込めばギリギリ元は取れるだろうと見込んで仕方なくトライ。

ヤフーショッピングの広告代行で手数料30%むしり取る強欲会社。予算を使い切ることだけが連中の目的で、こちらの収益なんて知ったこっちゃない。かかわるな。自分で効果測定・広告費管理をしっかりやるべし。

おまかせしてたら粗利500円の商品に300円で広告設定してやがった。GMOにカモられるな!補助金差し引いても大赤字食らっちゃうよ。

補助金受給に必要な書類はしつこく催促しないとよこさない上に、やっと作ったかと思えばまさかの足し算ミス。

バカばっかりで相手すると疲れる。GMOとは一切かかわらない。

 出島史郎

ソフトバンクで新規開拓の責任者をしたとかなんとか、そにかく偉そう。人脈は広いらしい(真偽不明だが。どうせウソっぱち)。「100馬力で営業支援してやる、営業の心配無用!」と熱く語る。

しかし、実態は要するにアチコチの展示会で代わりに名刺をばら撒いてきてやる、というクソサービスと判明。営業代行どころか、知らない間に配られた名刺で逆に営業電話がバンバン来てしまうという迷惑極まりない男。

被害総額12万円。

なんの成果もないじゃないか!と問いつめると、「それはお宅の営業力の問題だ」だって。じゃあ、お前いらんやろ。

主に展示会で小さい会社をカモるのでご注意ください。

一般財団法人日本輸入ビジネス協会

安藤俊介

カラーミーショップで輸入物販やりましょう、というよくある話。

「財団法人」を名乗って信ぴょう性を高めようという手法はこいつあたりからか。株式会社よりも多少難易度が高いだけなので真似る連中は後を絶たない。

一応補足しておきますが、「一般財団法人」は税法上も実態も普通の会社と変わりません。国から認められた機関、みたいな勘違いしてる人は要注意。

会場に集まって、2日かけてカラーミーショップを作る、というもの。

ウケるのが「2日でショップができなかったら全額返金!」と力強く謳っていたこと。いやいや、「売り上げが無かったら返金」だろうよ。

ま、こんなヤツはハナから返金する気なんてさらさら無いんだけど。

本件は多大なひんしゅくと怒りを買ったので、「まーそんなに怒らないでよ」ってな感じでアンガーマネジメント協会を立ち上げ、こちらの講座ビジネスで成功している模様。

アホか、オマエが怒らせてんだろうが。うまくできたマッチポンプ。

被害総額40万円。

岡野弘文

「通販パック150」ジュエルジャパン

俺に任せておけば、ページ作成・集客、すべて代行。あなたがやるのは注文品を出荷するだけ。悩むことはない。商品の調達だけ考えればOK。毎月売上150万、利益50万を保証。達成できなければおカネは返す、という触れ込み。2年たって売上ゼロ、集客は1日最大10人。

しょぼいLPとショップを作って、一応のアリバイはあるので詐欺には問えないようにしているところが悪意満点。

返金どころか音信不通で逃げまくり、計画倒産。

こいつのセミナーを集客していたのは、高額な経営者交流会を主宰するファーストヴィレッジ。ということで俺にとっては同社も同罪。こんなんやってしまって同社の上場話は当面延期というか無理だろう。

被害総額130万円

ちなみにこいつは自分のネット上の悪評を消すことに長けているらしいです。

Bnet

Mマート

卸通販で最大規模の会員数、というのが触れ込み。BtoBやるならウチしかない、とかなんとか、、、市川っていう営業野郎に騙された。

メールでどんどん無料営業できますよ!が釣り文句。ウソではないがそのメールってのがとにかく面倒臭いのでやる気にもならない。かきあつめておられる無料会員は属性の低い層。とにかく安ければいい、というこちらからお断りしたい乞食クラスのユーザー。1年契約、という時点で怪しいと思うべきでした。

被害総額30万円

弁明しておくと、在庫処分の投げ売りならソクハンサービスは一応機能している。もっともこれは無料サービス、これだけで十分。

フラッシュパーク

バースデープレスというサイトを運営。ギフト品の通販ではトップだという触れ込み。

御社の商品めちゃくちゃ売る自信があります!と威勢良かったが、結局1年間で売り上げゼロ。辞めると言ったら解約期限が過ぎてますと言って強制的に1年延長させられた。誠意のかけらもない。

何度も連絡したが営業担当の須崎が電話口に出ることは2度となかった。被害総額5万円。ゴミ・カス会社。

DeNA

スマホ通販ならDeNAショッピングがナンバーワンですよ!AUとも連携してます!1年で売上3000万円。あなただけに各種オプションが無料です!というお決まりのトーク。実は誰でも無料だったりするわけですけど。上場会社という立場を利用して詐欺行為を働くのはGMOと同じ。

後に同社出身だという男にあった際に「どうしたら会費分くらい稼げるんだよ?」と話したら、お客いないから早くやめたほうが良い、と。客よりお店の方が多いという驚きの経営実態。

被害総額36万円。

まあ、でたらめ情報サイトでお騒がせするようなアホカス会社ですから、さもありなん。

 楽天

 ま、成果の出てる人もいるので定かではありませんが、広告費かけられなければ撤退あるのみです。知人が「大儲けできなくても固定費回収できればOKという気持ちで臨みます」って参入したけど、、、固定費すら回収できるわけないって。

テレアポでかき集めたショップはどうせほとんど1年で撤退するわけで、モールは売上マージンで稼ぐべきという基本を忘れ、固定会費と広告費で稼ぐ体質へ。これはつまり、ショップが儲かろうが損しようが胴元は儲けます、ということ。もはや劣勢は明らか。

なお、出展したら、モール出店者をターゲットにSEO、ページ作り、広告、、、腐れ業者からバンバン営業電話くるので覚悟せよ。売上につながるかもしれない商品の問合せなんて皆無です。腐った胴元と、取り巻きのクソ業者。楽天にはゴミが群がる。消費者立場でかかわるのが正解。無駄クリックをうちまくるクソ業者が跋扈していると思われ、5万円の広告予算が数時間で溶けてしまった(無論成果ゼロ)。

今さらだが管理画面RMSの使いにくさにはただただ呆れた。無料のヤフショより使いにくいとかありえないやろ。質問送ると2日くらい経ってトンチンカンな返事と的外れな参照ページのURLを送ってくるので全く使えない。

あと、まともなネット会社とは思えないのだが、広告費を取っておきながら、当該クリックから購入に結びついたかどうかはわからない、という前近代的な仕組みは驚きを通り越して思わず、ヘルプデスクのねーちゃんを罵倒してしまった。

おんたが悪いわけじゃないんだけどさぁ、おかしいと思うだろ??って。

被害総額16万円。成果としては年間売上2000円くらい(笑)

 ミスターパートナー

 「ブームの真相」というわけわかんない雑誌の出版社。ラジオ番組とタイアップした雑誌という触れ込み。実際、しょぼい書籍が図書館にも置いてあった。10万円という価格提示を3万円に値切り倒してお付き合いしてみることになった。

雑誌も一応、形はある。さらにラジオも一応ウソではないが、世界中の3人くらいしか聞いてないであろう早朝にローカルFMの1時間枠を取って掲載企業の紹介をササッと一応やる。詐欺ではないというアリバイつくりのためとしか思えませんけどね。

今年もお願いします、と言ってきたら罵倒する気満々でいたけれど連絡してこない所を見ると、自分でも再掲載してもらえるわけがない無価値サービスだと自覚してるんだろうね。毎年、カモを探し続ける営業でどこまで頑張るつもりでしょうか。

被害総額3万円。

 KIプロジェクト

 成果報酬SEO、成果なければフィーはゼロというサービス。一見、リスクゼロで試しやすいサービスと思ったのが苦労の元。SEO屋は皆そうかもしれないけど具体的に何をやってくれたのか、という質問には答えられないの一点張り。どうせ何もやってないってこと。

アマゾンで今より増えた売上の10%だけくださいとかそんな感じなんだけど、自分で広告費をかけたとか、新商品を追加したとかSEOと関係ない売上についてまでフィーの算定根拠にしちゃおかしいでしょう。

おかげで自費で広告を出すのがアホらしくなったし、新商品を投入しづらくなった。結果、契約切れまでアマゾンを放置するハメになった。被害総額3万円+機会損失●十万円。

 大竹 秀行

 通販ビジネス本も出してたりするが、自信があるので自分のメンツにかけて、成果が出なければ全額返金!という触れ込みの通販コンサルに乗っかってしまった。

しかし、相談しても出てくる情報はといえばヤフー知恵袋レベル。

こんなサービスがありましたよ~とか得意げに言うのだけどそれだけ。せめて知り合いだから割安でやってもらえるとかないのかよ。毎月10万もらっていながら、いやー忙しそうなんで連絡しませんでした~とかうそぶくチンカス野郎である。

全然役に立たないから契約解消、金返せっていったらあーだこーだ言って半分だけ返してきた。こんな奴でもマクアケの広告塔みたいなことやってるらしい。

被害総額30万円。

菅野一勢 中村司 

情報商材で荒稼ぎした連中というのは、無価値なものに金を出させるプロフェッショナル。オフラインビジネスをガンガン紹介するって話だったが、出てきたのはわずか1件のみ。

それすら、菅野中村と当方が半分ずつ出資して共同ビジネスをやろうってところから始まって、なぜか自分たちは2割負担でリターンを5割取ろうという話にすり替わっていた。

コンサル生からさらに搾り取ることに何の躊躇もないクズ人間である。

200万のザコミット。なぜか内容は転売せどりスクール。50人限定と始まったのがなぜか100人くらいいて元を取れた奴は多くて2人くらいだろうな。そういう人はもともと稼ぎ力があったはずで、なけなしの金で人生かけたやつは余裕で全滅したことは間違いない。

連中は日本には恨みが多すぎて国外逃亡しています。

被害総額200万円。

今野裕樹

 思い出したくもないが、めずらしく一応まともな学校出てるからと信用したのが失敗のもと。やってることはマトモでなく、ステルスマーケティングが得意。

端的に言えば彼が考案した投資のようなビジネスのような話に乗っかってしまった。画期的だったのは間違いなくて月利10%は硬いと踏んだのだけど、1ヶ月でパーとなり、僕は関係ないと知らんぷり。

他にも被害者がおり、ビジネス交流会から追放されたちんけな男である。

被害総額300万円。

 平城寿&真田孔明

ついでにチャーリータカ

 ネット黎明期より活躍する詐欺野郎。

100億円不動産倶楽部を熱烈販売。世界の最先端の投資情報で大儲けさせてあげます、みたいな話だった。10年経って1000万円稼げてなかったら返金するし、10年経たずとも不満ならいつでも返すと謳っていた。

平城に返金請求の連絡してみたものの、案の定、僕はもう縁を切ったので関係ない、とかそんな対応。チャーリーはフルシカト。

合同会社を使った「最先端の投資スキーム」がウリだったがいつの間にやら空中分解。

被害総額36万円。まあ、ネットで返金保証と謳ってハナからその気のないやつらはゴロゴロいる。っていうか99.9%。

10年後も懲りずにネットで情報弱者をかき集めて荒稼ぎしている模様。

国内には敵が多すぎて逃亡中。

被害総額36万円。

元丸俊満

おしゃべり電球の試作を依頼。仕様も不明確、契約書も無しですすめた俺も悪いのだが、200万円かけてできあがったのはなんとも中途半端な半分オモチャの試作品。これで開発計画が大きく狂ってしまった。

払い過ぎの25万円は返してもらうはずだがその気が感じられないのでここで告発しておく。

自分は一切カネ出さず、すべて他人のリスクでへたれ根性。スルガ銀行を紹介しますよ!と言われドン引き。

200万円の試作品も満足に動かず、誠意は無いので手を組むべき相手ではない。

結局のところ、どこまで技術的な知見があるのかもよくわからない。

 ライブクリエイト  2020年8月と9月に悪名高きライブクリエイトのユーチューブ講座(2日間*2回)に参加してしまいました。

総額70万円。内容はせいぜい7,000円のレベルでした。

同社が上手いのは、無料セミナーの内容が結構濃いので、有料講座はもっとすごいと妄想させてしまう点です。
私も無料セミナーで初めて聞く内容がポンポン出てきて一気に舞い上がってしまいました。
ユーチューブ講座の内容は全2回のメニューでした。

それぞれの概要はこんな感じでした。
1.動画作成講座:視聴者を引き付ける動画がバンバン作成できるようになる
2.SEO講座:どんなキーワードでも投稿後すぐに検索1位をとれるようになる

1.動画作成講座
私自身は動画編集ソフトの使用については習熟していたので、事前にソフトの使い方についてのセミナーなら受ける気はない、と営業担当に言いましたが、ソフトの使い方がわかっている人を前提にしたハイレベルセミナーだ、ということでした。しかしながら実際のセミナー内容といえば、参加者のほとんどが編集ソフトのど素人。
2日間かけて、ソフトの起動の仕方から始まって、入門書に書いてあるテクニックをちんたらちんたら実演する内容で全くの時間の無駄でした。

2.SEO講座
好きなキーワードで検索上位に上げるテクニック、のはずでした。。。具体的な手法は公開を控えるが、まあ7,000円相当。で、ただひたすら初心者にそれを実践させて終了。

確かに検索1位をとることはできました。
ただし、誰も検索しないような複合ワードなら、という条件付きですけどね。。。

被害総額70万円

セミナー終了後に特別サービス、ということで詐欺大魔王の小山竜央が登場し、個人コンサル150万円の売り込み。ま、ほんとトークが上手ですよ。

 

補足ですが、無料セミナーは得るものがございます。が、やたら参加を求めてくるのでうざいです。

 

逆の立場だったらどう思いますか?というごく基本的な質問を忘れ、目先のカネに目がくらんで魂を売った連中たちだ。

 

 

 

世界のライト屋 明るく楽しく世界を照らすツインエコ