LED電球タイプと既存の電球の違い

最も大きな違いは、消費電力です。電球タイプは既存照明の約1/10まで電力を抑えることができます。近年、ショーケースに入った商品がLEDに照らされているのも、長期間利用する仮定で使用すれば、費用対効果上、元を取れてしまうからです。加えて言うならば、生ものを入れたとしても、熱による劣化が少ないという理由もあるでしょう。
また、LED電球タイプは熱を持たないため、熱をもったフィラメントのような明るさよりは寂しい雰囲気になることが挙げられます。しかし、Ra(演色性)の再現で、この分野も克服しつつあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です