wpmaster

LED照明に切り替えるメリット

長寿命で消費電力が少ないので、経費が削減できることが最も紹介されやすいですが、切り替えるメリットは他にもあります。火力発電所から来る電気はCO2排出を伴います。このCO2を削減して、エコロジーな世界を作ることにも一役買っ […]

LEDと同じような機能を持つ無電極(LVD)

「Low Voltage Directive」の頭文字を取っています。通常の照明のように極が無いのが特徴です。LEDとは別の電磁誘導による発光原理を採用するものの、長寿命で省エネである点で代替品として使用されています。特 […]

COBって何? 

LEDはダイオードのことでした。しかし、照明として使ってみると、看板用照明などで致命的な欠点があることが判明したのです。指向性が強いためにツブツブが見えてしまうのです。(その形状から弾丸型と言われることがあります)そこで […]

LED電球タイプと既存の電球の違い

最も大きな違いは、消費電力です。電球タイプは既存照明の約1/10まで電力を抑えることができます。近年、ショーケースに入った商品がLEDに照らされているのも、長期間利用する仮定で使用すれば、費用対効果上、元を取れてしまうか […]

LED直管と蛍光灯の違い

まず、大きな違いが蛍光灯のシステムを使っていないため、直管という表記になっている点で分かりますね。実は、他にも大きな違いがあるのです。良く、「電気はオンオフを繰り返すと寿命が減る」という表現を聞きませんか? それは蛍光灯 […]

LEDの都市伝説と真相

LED関連のサイトやパンフレットを見ると「照度が5年程度で30%ダウンする」という表記があります。または、営業マンが言うこともあるでしょう。しかし、これに関しては、電流を無理矢理流して経年劣化を経験させたLEDはあるもの […]

LEDの特徴(その2)

さて、LEDは、熱を発せずに長寿命で公害になるような物質を含まないものだということが分かりました。これを踏まえて、さらに LEDの特徴を知りましょう。照明の熱というと、街路灯に集まる羽虫の群れを見かけましたが、熱の少ない […]

LEDの特徴(その1)

まずは、LEDと既存照明の違いに焦点を合わせてLEDの特徴を簡単に見ていきましょう。まず、電気エネルギーの殆どを光に転換し、熱として放出しないために、省エネ効果が大きい点が挙げられます。また寿命が長いのも特徴です。昔は頻 […]

LED発明の歴史 

LEDは最近できたものというイメージが強いですが、実は、1962年にニック・ホロニアック氏により赤色のLEDが発明されていました。電気エネルギーをほとんど熱へと変換せずに、光へと転換するので、ディスプレイなど精密機器など […]

既存照明よりどれくらい安くなる?

LEDの魅力の一つは、電気料金が下げられるというものです。では、実際にはどれくらい下がるのでしょう。一般に、蛍光灯タイプでは約半分、電球タイプならば1/10まで電気料金が下がるとされています。また、LEDのチップが日進月 […]