ソーラーライトがもたらすSDGsの連鎖

ソーラーライトでSDGsってどういうこと?

このページではソーラーライトがSDGsにどう貢献するのか、ソーラーライトの環境負荷軽減効果を中心に解説します。

 

 

よく見聞きするSDGs 、なんとなくわかっちゃいるけど、、、我が社では具体的に何ができるんだろう???
そんな社長に朗報です。頭のモヤモヤをすっきり解消!

いきなり答えです。今の屋外灯をソーラーライトに取り換えれば良いんです!

しかも、ソーラー街灯に変えていただければ電気代まで安くなってしまうオマケつきです!

安くなるっていうか、、、タダになるんです! タダより安いものはない!
電気代削減効果についてはコチラ

SDGs3

ソーラーライトは無限に再生可能な太陽エネルギーを活用します。

二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスが増えたため、本来、宇宙空間へ放出される赤外線が地球に残存し、地球の温暖化が問題になっています。

温室効果ガスが増えすぎた理由は石油・石炭・天然ガスといった化石燃料の使用量が増えているからとされています。

化石燃料は、動力源のほか、プラスチックの材料となり、現代の生活に欠かせないものですが、燃えるときにたくさんの二酸化炭素が大気中に放出されてしまいます。この二酸化炭素が大きな原因となって今、温暖化が加速しているというわけです。(参考:全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)

そこで、SDGsの目標7では、再生可能で枯渇しない、太陽光、水力、風力、バイオマス、地熱といった、再生可能エネルギーへのシフトを提唱しています。

ソーラーライトは燃料を消費しませんので二酸化炭素排出量がゼロです

上記と重複しますが、2020年以降の地球温暖化対策に関する国際的枠組みを定めたパリ協定において、「世界的な平均気温上昇を産業革命前(1880年)に比べて2℃以下に抑えることを目標とし、1.5℃以下に抑制することを努力目標とする」とされています。

温暖化の進行によって海面上昇/洪水・豪雨/熱中症/水不足/食料不足などのリスクが懸念されています。

そこで、SDGsの目標13では、再生可能で枯渇しない、太陽光、水力、風力、バイオマス、地熱といった、再生可能エネルギーへのシ

ソーラーライト導入による二酸化炭素CO2の削減効果

ここでは具体例で示します。

 

屋外灯10本を300W水銀灯からソーラー照明へ交換した場合

年間約4.75トンの二酸化炭素CO2削減(杉の木の吸収量にすると約341本分のCO2削減量)が実現できます。

 

[算定過程]

1. まず、300W水銀灯1本の年間消費電力を計算します。

この水銀灯1本の消費電力は、毎日平均10時間点灯するとして、その消費電力は

300W*10時間=3000Wh=3kWh(1日当たりの消費電力)

3kWh/日*365日/年=1095kWh(1年間の消費電力)

 

2.    次にこの年間消費電力をCO2排出量に換算します。

計算に当たっては、CO2排出係数を使います。

電気事業者別排出係数(令和2年度実績)(環境省公表)によりますと、一般送配電事業者のCO2排出係数は0.4333kg-CO2/kWhですので、年間消費電力にこの係数を乗じて年間のCO2排出量は、1095kWh*0.433kg/kWh=474.46㎏ となります。

水銀灯10本なら4.75トンですね。

 

3. このCO2排出量を直感的に理解しやすいよう、当該CO2排出量を吸収するのに必要な杉の木の本数で示すことが一般に行われています。

杉の木1本あたり1年間で13.9㎏のCO2を吸収しますので(「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」環境省/林野庁)による)、この数値を用いて

上記のCO2排出量474.46㎏杉の木に換算します。

474.46㎏/13.9㎏=34.1 なので杉の木34.1本の年間CO2吸収量に相当することがわかります。

これはどういうことかというと、300W水銀灯1本をソーラー式街灯に交換することで1年間に杉の木34.1本が吸収する二酸化炭素を削減できるということなのです。

ソーラーライトでプレスリリースが出せる??

昨今、環境に配慮したCO2削減への取り組みは事業者の重要な課題の一つとされており、各事業者は自社の取り組みを積極的にプレスリリースでアピールしています。(「CO2削減 プレスリリース」と検索した結果がこちら)

例えば、工場の照明をLED化した場合に「工場のLED化で二酸化炭素削減します!」と積極的に自社のアピールを行うこともよくあります。


なにしろ、経費削減と合わせて企業のイメージアップになるのですから、やらない理由がないという訳です。


というこで、ソーラーライトを導入頂いた事業者様であればもちろん、SDGs/環境配慮の取り組みとしてプレスリリースを配信することだって出来ます。

 

プレスリリースがきっかけでメディアで紹介されれば本業にも大きなプラスになります。

 

と言われても、、、と思った社長様はこんな感想を持ったのではないでしょうか。

プレスリリースなんて全くわからないぞ!?

CO2削減効果の計算なんてできないぞ!?

ご安心ください。

そんなお会社様のために当社にて計算を行い、プレスリリースのドラフトを作成いたします。

お気軽にご相談ください。

気になる電気料金は?いくら節約できるの?

ちなみに、ソーラーライトに変えたら電気代はいくら節約になるのか気になりますね!

【節約できる電気料金】

1kWhあたり従量料金を@30円で計算すると、300W水銀灯の年間の電気料金は

1095kWh*30円=32,850円です。10本なら毎年33万円近い電気台がかかることになります。

これに対して、ソーラー街灯なら電気代はゼロ円!

ロシアのウクライナ信仰を契機に燃料費の高騰が鮮明になり、今後ますます電気料金は高くなることが予想されますので、早めの交換が奏功します。